2021年 9月 23日 (木)

デルタ株「厳戒態勢」すり抜け中国に侵入 暑い夏向け「珍マスク」バカ売れ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

【連載】浦上早苗の「試験に出ない中国事情」

   入国者はホテル客室隔離3週間、感染者が出ると即エリア封鎖など、非常に厳しい感染防止対策で、新型コロナウイルスをほぼ封じ込めてきた中国が、デルタ株の流入を許し感染拡大の危機に直面している。

   厳戒ムードが強まる中、久しぶりにマスクの着用を求められた人々の間では、暑さをしのぐための「神器」がバカ売れしている。

  • 南京市で2021年8月2日に行われたPCR検査の様子(写真:AP/アフロ)
    南京市で2021年8月2日に行われたPCR検査の様子(写真:AP/アフロ)
  • 南京市で2021年8月2日に行われたPCR検査の様子(写真:AP/アフロ)

五輪選手団も隔離中

   世界最初にパンデミックが起きた武漢市の封鎖を2020年4月に解除して以来、中国は感染者が出たら即エリア封鎖、周辺住民の一斉PCR検査など日本人目線では狂気に近い封じ込め策で、感染拡大を抑え込んできた。1日の感染者が全国で2ケタにとどまっていた中でも、今年春からは多くの地域で入国者の3週間ホテル隔離(施設どころか客室から出られない)を実施し、東京五輪を終えて帰国した中国選手団も目下隔離中だ。

   だが7月下旬、デルタ株が厳戒態勢をもすり抜け、中国に上陸した。7月20日、江蘇省南京市の空港職員の感染がPCR検査で判明し、8月11日までに江蘇省全体で734人の感染が確認された。また、南京の空港利用者関連と思われる感染者は、全国で約1000人に上っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!