2022年 7月 4日 (月)

新しい老い方 鎌田實さんは病を得て「鎌田らしさ」を究めようと

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

自らセカンドオピニオン

   先ごろ73歳になった鎌田さん。「予想外のことに直面しても打ちひしがれず、生きる情熱の灯は大切にともし続けたい」と、どこまでも前向きだ。ひと安心である。

   病気になったとき、医者は何を思うのか。症状や検査数値をドクター目線で吟味しながら、一人の高齢者として来し方行く末を想い、より良い治療法を取捨選択することになるのだろう。「念のために」と遠慮がちにペースメーカーを勧める後輩の意見を、鎌田さんは「確かに」と認めつつ、やんわり退けた。「家族にも伝えているから大丈夫」と。

   自らセカンドオピニオンを示しているようなものだ。主治医はこれで助かるのか、やりにくいのか微妙なところだが、連載を読む限り、患者としては優等生にみえる。

   これまで、医療と健康の専門家として幅広い読者を獲得してきた鎌田さん。これからは老いのエキスパートとしても「鎌田らしい」発信を続けてほしい。初対面の時、風貌から「弟」認定された当方、8年遅れで追いかけさせてもらいます。

冨永 格

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!