2021年 9月 22日 (水)

熱海の土石流被災地で盗難発生 災害時に現れる犯罪者から財産を守るには

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   台風や地震、豪雨などの災害が起きた際、混乱の裏に隠れて、盗難や空き巣が発生する場合がある。

   2021年8月17日付朝日新聞デジタルによると、7月に土石流災害が起きた静岡県熱海市伊豆山の立ち入り禁止区域で、盗難2件、住居侵入1件の犯罪被害があったと静岡県警が発表した。過去の災害でも、空き巣や盗難は発生している。

  • 災害時の空き巣や盗難、防止するには(画像はイメージ)
    災害時の空き巣や盗難、防止するには(画像はイメージ)
  • 災害時の空き巣や盗難、防止するには(画像はイメージ)

人の目があるだけで犯罪行為を思いとどまる

   2019年「令和元年東日本台風」では、茨城県水戸市では河川氾濫が起き、複数の住民が避難所生活を余儀なくされた。この時、現地では空き巣被害が相次いだ。2019年10月23日付産経新聞(電子版)によると、台風上陸後から10日間で、水戸市内では空き巣の被害届が5件あった。被害に遭った住宅の近隣住民によると、窓ガラスやドアが壊され、室内に物色された跡が残っていたという。

   同記事では、15年の「平成27年9月関東・東北豪雨」でも、茨城県常総市で数十件の窃盗被害が発生したと報じている。では、こうした被害を防ぐにはどうすればよいか。

   ALSOKは、公式サイト上で災害時に起きる犯罪についての防犯対策を紹介している。災害発生時は、まず人命救助が最優先のため、防犯面が手薄になっていると判断して被災地を狙う不審者が増加するそうだ。

   実際に効果があった対策には、「夜回り」と「見張り」を挙げている。夜間に住宅街を見回り、日中も街に人を立たせ、人の目があることを意識させて犯罪発生を抑止する方法だ。いずれも、地域ぐるみの協力が必要な防犯対策となる。ALSOKによると、こうした対策は原始的だが、人の目があるだけで犯罪行為を思いとどまる人は多いという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!