2021年 9月 17日 (金)

向田邦子さん没後40年も人気続く 大手書店には特集コーナー

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   作家、脚本家、エッセイストとして大活躍していた向田邦子さんが、台湾の飛行機事故で亡くなって40年になる。あまりにも突然の死だったが、作品は今も売れ続け、人気が衰えない。テレビや雑誌で向田さんをしのぶ企画も目立っている。

  • 『向田邦子ベスト・エッセイ』
    『向田邦子ベスト・エッセイ』
  • 『向田邦子ベスト・エッセイ』

「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」

   NHKは2021年8月13日、「向田邦子さん 没後40年 雑誌や書籍の出版相次ぎ関心高まる」というニュースを報じた。「脚本家で直木賞作家の向田邦子さんが、航空機事故で亡くなって今月22日でちょうど40年です。これを前に特集記事を掲載した雑誌やエッセーをまとめた書籍などの出版が相次ぎ、改めて向田さんの生み出した作品への関心が高まっています」と、最近の動きを紹介している。大手書店では特集コーナーも設けられているという。

   向田さんは1929年生まれ。ホームドラマ作品の脚本家として、「だいこんの花」「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」といった多数の高視聴率作品を生み出し、テレビ業界で引っ張りだこだった。作家としては80年、『花の名前』などで第83回直木賞受賞。『父の詫び状』などのエッセイもロングセラーになったが、1981年8月22日、台湾取材旅行に起きた遠東航空機墜落事故で急逝した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!