2021年 9月 26日 (日)

ミライトワ人気、今度はソメイティの番か パラリンピックで巻き返しだ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京オリンピック・パラリンピックの公式マスコットキャラクター「ミライトワ」と「ソメイティ」。ミライトワは五輪、ソメイティがパラリンピックの顔を務めている。

   2018年にマスコットとして制定され、現在ではインターネットユーザーなどから一定の支持を集めている。一方で21年8月24日現在(以下同)、両者の人気には「格差」が出ているようだ。

  • 画像はソメイティの公式インスタグラムから
    画像はソメイティの公式インスタグラムから
  • 画像はソメイティの公式インスタグラムから

インスタフォロワーに1万人の差

   誕生当初のミライトワとソメイティのデザインには否定的な声も出ていたが、東京五輪開催を経て「かわいい」などとして注目を集め、公式グッズには売り切れも起きている。

   ただ、現在のミライトワの公式インスタグラムのフォロワーは2.4万人。対して、ソメイティのフォロワーは1.3万人だ。1万人以上の差が出ている。

   キーワードの検索数からその人気度を1〜100で示すサービス「Google Trend」を使って比較すると、21年8月8日〜14日はミライトワの人気度が100で、ソメイティの人気度は30。8月15〜21日はミライトワの25に対し、ソメイティは8だ。

   また東京2020オフィシャルオンラインショップの「おもちゃ・ホビー 」カテゴリの人気ランキングでも1位がミライトワのLサイズのぬいぐるみで、2位がソメイティのぬいぐるみ(L)だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!