2021年 9月 23日 (木)

中田翔「無期限出場停止」はどこへ 「軽い処分」分析して見えたコト

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球・中田翔選手。北海道日本ハムファイターズ在籍時に同僚への暴力行為を行い、2021年8月11日に無期限出場停止処分が下されていた。だが読売ジャイアンツが20日に獲得すると、翌21日にはもう1軍の試合に出場した。

   出場停止処分が、移籍でなし崩し的に解除か――インターネット上では疑問の声が上がっている。中田選手への待遇は「甘い」のか、類似の例と比較した。

  • 暴行は許されない(写真は本文とは無関係です)
    暴行は許されない(写真は本文とは無関係です)
  • 暴行は許されない(写真は本文とは無関係です)

山口俊はシーズンを棒に振る

   2005年5月5日、中日ドラゴンズのタイロン・ウッズ選手は試合中に相手選手を殴打した。同日、制裁金50万円と翌6日からの出場停止10試合の処分が球団から課された。公式戦に復帰したのは同年5月18日だ。当時の報道から、重い処分だったことがうかがえるが、死球ほかプレーをめぐる暴力、処分はほかにもある。

   グラウンド外での暴力トラブルとしては、最近では巨人・山口俊投手の例がある。2017年8月19日付スポーツ報知(電子版)によると、同年7月11日未明に東京都内の病院で男性警備員に全治2週間の打撲を負わせた疑いと病院内のドアを破損させた疑いにより、8月18日に書類送検された。

   被害者と示談が成立し、被害届は取り下げられたものの、8月18日からシーズン終了(11月30日)までの出場停止に加え、罰金・減俸処分を下された。

   一方の中田選手。日本ハムの発表によると、8月4日の横浜DeNAベイスターズとのエキシビションマッチの開始前、同僚選手ひとりに暴行。試合中に球場からの退場と自宅謹慎を命じられた。

   被害選手からは「本件を大事にしたくない旨の申告」があったとしつつ、8月11日に「当面の間」を期間として一軍・ファーム全ての試合で出場停止処分となった。しかし20日に巨人へトレード移籍し、日本ハムは同時に処分解除を発表。21日には1軍戦に出場した。処分期間は計10日間だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!