2021年 9月 23日 (木)

ワクチン「他社製と併用」アリか 「ブースター接種」始まれば数量確保に不安

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

    新型コロナワクチンの「交差接種」は可能なのか――交差接種とは、一回目のワクチンがファイザー、二回目がモデルナというように違うメーカーのワクチンを使うことだ。

   ワクチン接種を担当する河野太郎行政改革相は2021年8月29日、「政府部内で検討している」と語った。ところが、政府の代表格である加藤勝信官房長官は30日、「異なるワクチンの使用を積極的に推奨する状況にはないと認識している」と否定的な考えを述べた。ワクチンを巡って両氏の見解が対立するのは今回で2度目だ。

  • 予約済みの海外製ワクチンが順調に入ってくるか、不安が残る
    予約済みの海外製ワクチンが順調に入ってくるか、不安が残る
  • 予約済みの海外製ワクチンが順調に入ってくるか、不安が残る

そもそも想定外だが

   朝日新聞によると、河野大臣は29日のフジテレビの報道番組で、「英アストラゼネカ製の有効利用に向けて、1回目で同社製を接種した場合、2回目で米ファイザー製や米モデルナ製のワクチンを使用できるかの検討を進めている」と語った。「認められれば接種加速化につながる」というのが理由だ。

   ところが、この河野氏の発言にすぐさま反応したのが加藤官房長官だ。30日朝の記者会見で、「有効性、安全性に関するデータは十分に得られていない。異なるワクチンの使用を積極的に推奨する状況にはないと認識している」と語った。

   厚生労働省は、ワクチン接種にあたっては1回目と2回目で同じ種類のワクチンで受けるように呼びかけている。2回とも同じ種類のワクチン接種を求めているのは、治験では、違うメーカーのワクチンは用いられておらず、他社製ワクチンとの併用はそもそも想定されていないことによる。

   ワクチンの治験は米国のメーカー、ファイザーやモデルナが行っている。「交差接種」が可能かどうかは、日本政府の判断では決めにくい。加藤長官の発言は、そのあたりの事情を踏まえたものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!