2021年 9月 24日 (金)

レトルトカレー「湯せん」「レンチン」で味に違い 均等な加熱や食感を保つには

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「レトルトカレー」は一般的に、電子レンジか、沸騰したお湯で温める「湯せん」が調理方法としてパッケージに記載されている。

   この2つで、出来上がりの味に差が出たりするのか。レトルトカレーの「おいしい作り方」を、カレーに詳しい専門家に聞いた。

  • あなたは湯せん派?レンチン派?
    あなたは湯せん派?レンチン派?
  • あなたは湯せん派?レンチン派?

電子レンジ非対応のパウチなら

   J-CASTトレンドは、カレーの文化や調理法について講座を開いている「カレー大学」の専門家に取材した。

   まず、たいていのレトルトカレー製品は、パウチをじかにレンジでは温められず、一度カレーを器に移し替える必要がある。一部、レトルトパウチ自体が電子レンジに対応しておりそのまま加熱できるものも存在する。

   電子レンジ非対応のパウチを使っているカレーは「湯せんで食べた方がいい」。器に移して電子レンジで温めると、スパイスの香りが飛ぶほか、水分が蒸発し、カレーの端部分が乾燥するなど、食感が変わる。また熱は均質に通らず、スプーンで混ぜると全体の温度も下がってしまうという。湯せんなら、これを防げる。

   一方、新宿中村屋やエスビー食品、ハウス食品といった大手メーカーが出している電子レンジ対応パウチのカレーは、レンジ用に細かく研究されているため、レンジ加熱でも湯せんでも基本的に味に違いはないとのことだ。箱ごと温められるため、ほとんど手間がかからない点がメリットとしてあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!