2021年 9月 23日 (木)

「VRヘッドセット」で世界が変わる プロが勧める「初心者でも安心の一台」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
【連載】VRはじめの一歩

   「VR(仮想現実)」を基本の「キ」から押さえつつ、「VRを楽しむ達人」を目指す連載。ナビゲート役は、「メタバース」でのマーケティングや調査を手掛ける「往来」代表取締役の東智美さんだ。

   第二回では、東さんにVRヘッドセット「Oculus Quest2(オキュラスクエスト、以下Quest2)」を貸してもらい、一人でも楽しく遊べる釣りゲーム「Real VR Fishing」を紹介した。VRの更なる魅力を体感するには、自前のヘッドセットを買った方がよさそうだ。様々な選択肢の中から、どの「VRヘッドセット」を買うべきか、理由も含めて東さんに解説してもらおう。

  • VRヘッドセット「Oculus Quest2」の本体
    VRヘッドセット「Oculus Quest2」の本体
  • VRヘッドセット「Oculus Quest2」の本体

パソコンなしでも楽しめる

   前回、記者はQuest2を頭に装着し、コントローラーを両手にはめてすぐ、ゲームで遊べた。これはテレビやパソコン(PC)といったデバイスに接続することなく、単体でさまざまなVRコンテンツを体験できる「一体型VRヘッドセッド・スタンドアローン型」ならではの強みだ。

東さん「Quest2は、スマートフォン向け部品が内蔵されています。Wi-Fiを用いて、『Oculus Questストア』から購入・ダウンロードしたコンテンツを本体にインストールするだけで、手軽にVR体験できます」

   コンテンツ購入から利用の流れはわかったが、不思議なことが一つある。前述の釣りゲームでは、現実世界の自分の手がVR空間上にも投影され、リアルの動きを踏襲してくれた。

東さん「確かにすごい仕組みですよね。これも、トラッキングセンサー(カメラ)がQuest2内に組み込まれているおかげなんですよ。『インサイドアウト方式』と呼びます」

   つまりVRヘッドセット内蔵のカメラが、ユーザーの頭の位置や、手の動きを計測し、自動的にVR空間に投影して「リアルとVR上での位置、動き」を合致させてくれる。外部センサーカメラを現実世界に設置する必要はないのだ。

まさしく「目」のようなQuest2のトラッキングセンサー
まさしく「目」のようなQuest2のトラッキングセンサー

   一方で、デメリットもある。動きを測定できる範囲が狭いため、コントローラーを持つ手をカメラの死角となる位置で動かすと、VR上における分身「アバター」に反映されない。アプリ「VRChat」などで他ユーザーと交流する際に、自分のアバターが不自然な挙動をしているように見られてしまう。現実世界と、VR上での動きを正確にリンクさせたければ、外部センサーカメラを別に用意する「アウトサイドイン方式」を検討した方が良い。

東さん「VR上で、ダンスをはじめとしたパフォーマンスを披露する人たちは『アウトサイドイン方式』を取り入れ、指先のしなやかな動きまでしっかり見せる工夫をしています。ただ、初心者が気軽にVR体験をする目的であれば、『インサイドアウト方式』で十分ですよ!」

プロフィール
〇東智美(ひがし・ともみ)株式会社トーモ/株式会社往来 代表取締役
2009年、ウェブ・グラフィック制作を主要事業に東京都港区に株式会社トーモを設立。16年に自社ブランド「RAKUNI」をつくりスマホアクセサリーの販売事業を開始した。2021年3月にメタバースでのマーケティングや調査を手掛ける株式往来を立ち上げ、3月25日にエムディエヌコーポレーションより『仮想空間とVR』を上梓。
媒体やブロガーとのメディアリレーションを得意分野とし、自らも「flick!」「日経クロステック」などに連載を持ち、「FNNプライムニュース α」の海外テックイベントのレポーターを務めるなど、ネットや媒体を積極的に活用した販促活動を行っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!