2021年 9月 23日 (木)

ワクチン副反応がひとり暮らしを襲う 若者が直面した想定外あれこれ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナワクチン接種が進み、SNSにはその副反応に関する投稿が見られるようになった。発熱や痛みの訴えのほか、「準備するといい物」の報告もある。

   副反応がひどい場合、ひとり暮らしだと頼れる人がそばにいない。準備をしても、不測の事態が起きたら――。J-CASTトレンドは、ひとりで暮らす20代の男女3人に取材。ワクチン接種後に困ったことを聞いてみた。

  • 人によって程度はさまざま…
    人によって程度はさまざま…
  • 人によって程度はさまざま…

接種した腕を下にして眠った翌日

   副反応として頻繁に言われる症状の1つに、2回目の接種後の高熱がある。取材に応じた3人とも熱を出したが、事前に対策を行っていた。しかし、実際に体験しないとわからないことはある。

   男性のAさんは、一時は37.8度を出したという。困ったことは「仕事が止まったぐらい」で済んだ。食欲はなかったが、「せめておかゆやレンジ調理で手軽にとれるものは準備しておけばよかった」と振り返った。

   女子学生Bさんは、2回とも熱を出した。備えは万全にしていたため困ったことはなく、むしろ「学校が公欠になるから、熱が出たの嬉しかった」と冗談めかした。ただし、「解熱剤が効かなかった友人」の話を明かした。

「ワクチンを打った方の腕を下にして眠ったら、次の日その腕が上がらなかったと言っていました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!