2021年 9月 23日 (木)

「鳩サブレ―」公式グッズの名前がシュールすぎ 文房具好きの社長のみぞ知る真意

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   神奈川県鎌倉市の定番土産「鳩サブレ―」。黄色い箱にハトのイラストが描かれたパッケージはなじみ深い。製造販売を手がける豊島屋では、鳩サブレ―以外にもさまざまな「ハトグッズ」を売っている。

   その商品名がどれも「シュールでかわいい」とツイッター上で話題になった。いったい誰がどういう意図で製作しているのか。J-CASTトレンドは、鳩サブレ―を販売する豊島屋に を取材した。

  • 「鳩三郎」(画像は豊島屋提供)
    「鳩三郎」(画像は豊島屋提供)
  • 「鳩サブローの過去の消し方」
    「鳩サブローの過去の消し方」
  • マグネット「鳩っついちゃうぞ」
    マグネット「鳩っついちゃうぞ」
  • 「あぶらとり紙」
    「あぶらとり紙」
  • レターセット「鳩兵衛服きれたー」
    レターセット「鳩兵衛服きれたー」
  • 「鳩三郎」(画像は豊島屋提供)
  • 「鳩サブローの過去の消し方」
  • マグネット「鳩っついちゃうぞ」
  • 「あぶらとり紙」
  • レターセット「鳩兵衛服きれたー」

「消えない過去もたくさんございます」

   ポーチは「ポッポーチ」。ランチバッグは「ランチポッポ」。エコバッグは「エコぽっぽ」。ほかにもレターセットは「鳩兵衛服きれたー」、マグネットは「鳩(きゅ)っついちゃうぞ」。ダジャレともいえるような商品名には、どこかしらに「ハト」の要素が入っている。

   広報担当によると、実はこれらのハトグッズは全て、現在の同社四代目社長が考案している。社員はグッズのアイデア出しや製作には「ノータッチなんです...」。いつ、何が出来上がるのかは分からないそうだ。

   2002年に初めて、鳩サブレーのチャームストラップ「鳩三郎」を社長が作り、それ以降続々とハトグッズは誕生した。ハトにこだわる理由は「鳩サブレーが主力商品であり、鳩は弊社にとって大切な存在であるからです」。

   こんな名前のグッズも。

「鳩サブローの過去の消し方」

   気になる...。商品説明欄には「好きな洋服やハートを入れてあそぼう!」とだけ書かれている。聞いてみると、これは色々なパーツが入っていて、着せ替えができる消しゴム。商品名の由来は社長に聞かないと分からないが、商品の台紙に

「よく消える消しゴムですが『消えない過去もたくさんございますので、ご使用の際には十分お気をつけ下さいませ』と(注意書きが)ございます」

と、意味深な回答だった。過去に何かあったのだろうか...。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!