2021年 9月 20日 (月)

LIXILが和菓子「トイレの最中」 「もなか」じゃなくて「さいちゅう」と読んで

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   トイレ型のもなか。中にあんこが詰まっている。その名も「トイレの最中」は、住宅設備大手LIXILの榎戸工場(愛知・常滑市)と和菓子屋の大蔵餅(同)がコラボレーションして生まれた。見た目から「リアルすぎ」「おもしろい」と、インターネット上で注目を集めている。

   J-CASTトレンドの取材に、大蔵餅・取締役代表の稲葉憲辰(いなば・のりたつ)さんが応じてくれた。

  • 大蔵餅・稲葉さん提供
    大蔵餅・稲葉さん提供
  • 「ただ今使用中!」の文字が
    「ただ今使用中!」の文字が
  • 大蔵餅・稲葉さん提供
  • 「ただ今使用中!」の文字が

ストレス多い今、笑ってほしい

   トイレと食品という異色の組み合わせは、昔からの縁で実現したものだという。商品化について、「15年前の商工会議所青年部の酒の席で、INAX(当時)の伊奈輝三(いな・てるぞう)会長と『衛生陶器のまち、常滑らしい、ウンコの代わりにアンコを入れる商品を作りたい』、『ぜひやってくれ』と意気投合したことがキッカケです」と稲葉さんは語った。

   「うんこ」と「あんこ」が似ているというところから着想を得たものだ。コロナ禍でストレスが多いが、笑ってほしいとの願いが込められている。商品名について、

「『トイレの最中(もなか)』ではなく、『トイレの最中(さいちゅう)』と読んでほしい」

と話した。LIXIL公式サイトでは、「※入れるときは決してトグロを巻かないようにご注意ください」という注意書きがある。これについて尋ねると、

「好きなように入れて食べていただくのが一番ですが、トグロを巻いてほしいです」

と、冗談めかした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!