2021年 9月 26日 (日)

夏が過ぎたのに今度は「秋バテ」 季節の変わり目、とにかく「冷え」は大敵

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   暑い夏が終わり、いよいよ「食欲の秋」到来――。とはならず、涼しくなってから逆にからだのだるさや、不調を感じていませんか。

   夏の暑さにやられて「夏バテ」を経験したことがある人は多いだろう。秋口に差し掛かった際に感じる不調はひょっとすると、「秋バテ」かもしれない。

  • その不調、秋バテかも
    その不調、秋バテかも
  • その不調、秋バテかも

夏の疲れが秋にやってくる

   秋バテには、疲れやすい、食欲不振、めまい、肩こりなど、様々な症状がある。クラシエ薬品が2021年8月に行った調査では、全国の20~70代の女性199人のうち、約6割が「秋バテ」を経験していた。

   文部科学省が後援する「健康管理能力検定」の公式サイトでは、秋バテについての予防法が紹介されている。秋バテは、「温度差による自律神経の乱れ」や、夏の間に冷たいものを摂取して起きる「内臓冷え」、涼しくなり水分補給の意識が薄れがちになる「水分不足」などが原因にある。

   予防するには、からだを冷えから守ることが大切だ。前述の公式サイトでは、ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、体を中から温めることを勧めている。自律神経の乱れを整えられ、血液の巡りも良くなる。また、飲み物は常温や温かいものにして、ネギ、ニラ、ショウガ、ニンニクなど体を温める食材を食事に取り入れよう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!