2021年 9月 19日 (日)

コーラの味「缶より瓶」を好む人たち 中身が違う?取材で分かった事実

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   コーラやビールは、「缶より瓶がおいしいと感じる」という声を、たびたび耳にする。記者も缶より瓶派だ。同じ製品なのに、なぜだろう。実は中の成分が違ったりするのだろうか。

   答えを求めて、日本コカ・コーラと清涼飲料水評論家に取材した。

  • 瓶も缶も中身は同じだが…
    瓶も缶も中身は同じだが…
  • 瓶も缶も中身は同じだが…

「容器の特性や口当たりが関係していると思います」

   そもそも中身が違うことはありえるのだろうか。取材にこたえた日本コカ・コーラ広報によると、

「コーラは、どこの国で飲んでも全く同じ品質、中身になっています。当然、味も変わりません」

と明確に回答した。同社の飲料は、製品名が同じであれば、容器が違っても中身は変わらないという。

   では、なぜ味が違うように感じるのか。清涼飲料水評論家の清水りょうこさんに取材した。「味の感じ方は、個人差がありますが」と前置きをしたうえで、

「容器の特性や口当たりが関係していると思います」

と話した。詳しくは、こうだ。

「まず、瓶入り製品がおいしく感じるのは、ガラスの持つ特性、『内容物に影響しないこと』と瓶の『気密性の高さ』だと思います。気密性は缶も高いですが、直接口を付けて飲むと、金属が口に触れたり、金属の匂いを感じるため、味が違うと感じるのかもしれません」

   清水さん自身も瓶派らしく、缶の場合は味に違和感を持つこともあるそうだ。

「金属の味が気になっていた時期があり、自宅で飲み物に使うスプーンをガラス製にしていたことがあります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!