2021年 9月 19日 (日)

「和式トイレ」若者はイヤがる 公園や学校で見かけるも消滅する寸前

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   和式トイレを見かける機会が少なくなった。若い世代には、ほとんどなじみがないかもしれない。ツイッターでは最近、職場の和式トイレが原因で新卒が辞めたという、にわかには信じがたい話が出ていた。

   J-CASTトレンド記者は、住宅設備メーカー大手・TOTOに取材。和式トイレの現状について聞いた。

  • (提供:TOTO株式会社)
    (提供:TOTO株式会社)
  • (提供:TOTO株式会社)

個人向けに販売しているが

   地方出身の記者は、祖父母の家がくみ上げ式のいわゆる「ポットン便所」だった記憶が残っている。小学校の校舎は和式トイレのみが設置されており、中学・高校でも洋式トイレは少なかった。しかし、上京後は和式トイレをほぼ見かけない。

   東京生まれ・育ちの20代男性に聞くと「小・中学校で、和式トイレはありました。でも人生では1回しか使ったことない」。ただ「半年以内に、都内の公園で見かけた」という。神奈川県出身の20代女性は、「2~3年前に公園で見た気がする。でも、普段から和式を避けているから、見ているかもしれないけど覚えていないだけだと思う」と話した。

   TOTO広報は取材に、

「(和式トイレの)生産は継続しております。ただ、洋式がほぼ100%で、和式は約1%です」

と答えた。発注元は「公園や公立の学校、一部交通機関」だという。個人向けの販売も行っているが、「採用されたという話は、あまり聞いておりません」。

   洋式はたびたび改良が見られるが、和式では「進化があっても、節水面くらいだと思います」とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!