2022年 8月 9日 (火)

povo「基本料金ゼロ円」でライバルリード 「賢く安く」で利用者取り込みねらう

モータースポーツの世界観を表現した『ECB-2000』

どれだけデータ容量を使うか

   また、普段使っているスマホ回線に加えて、「2つ目」を持っておきたい人にとっても魅力的だと石川氏。自分から発信はせず、着信時のみ通話する使い方でも回線を維持できる。

   発表によると、「180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となる」ことがある。ただ石川氏によると、たまに1日だけ使い放題のトッピングで料金を払うなどして維持すれば「賢く使える」とのことだ。自由な運用ができる点で、ソフトバンクの「LINEMO」やNTTドコモの「ahamo」とは差別化されている。

   ただ、データトッピングがデータ量ごとに6種類存在しているため、自分がどれだけデータ量を使うかを把握できない人にとっては利用のハードルが高いとの指摘だ。この点について、「上級者向けのプラン」と分析した。

   今後は複数の回線を持ちたい、スマホを安く使いたいというユーザー、料金プランの乗り換えに慣れている利用者がpovoに移行していく可能性がある。

   ゼロ円という「インパクト」から、NTTドコモやソフトバンクが対抗プランを発表しなければ契約者の増加も見込めると石川氏はみる。

   なお、月額基本料金ゼロ円のプランは「Rakuten UN-LIMIT VI」として楽天モバイルも用意している。こちらは月々1ギガバイトまでゼロ円で利用できるというメリットもある。ただ、回線のサービスエリアはau・povoの方が広く、通信の安定性を重視する人にとってはpovoが選択肢になり得ると話した。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!