2021年 9月 23日 (木)

「政局になる」という言葉の使い方 自民党総裁選が話題の今、調べてみた

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   言葉には新しい意味が加わることがある。「政局」もその一例だ。もともとは、単なる政治の動向を意味していた。ところが最近では、首相の予想外の退陣や、衆議院の解散など、政権を巡る突発的な重大事態を「政局」と呼ぶことが多くなっている。いつごろから使われるようになったのだろうか。

  • 今回の「政局」の行方は
    今回の「政局」の行方は
  • 今回の「政局」の行方は

権謀術数がうごめく

「『政局になると血が騒ぐ』安倍氏に『再々登板』論...キングメーカーの胸中は?」(2021年6月14日、読売新聞)
「(菅義偉)首相、154日ぶりの休み 政局に備え心身リセット」(21年8月29日、共同通信)
「総裁選で動向注目 候補者関連の『政局銘柄』」(21年9月6日、産経新聞)

   これらの「政局」はいずれも首相の座を巡る闘争を意味している。日本の政治家のトップを決める闘いに、候補者として名乗りを上げるべきか、それとも様子見するのか。永田町では、敵と味方が一夜にして交代するような権謀術数がうごめき、関係する国会議員たちは浮足立つ。誰を担ぎ、どちらに着くかで政治家としての近未来が決まるからだ。

   こうした状況を「政局」と呼ぶようになったのは、そう遠い昔のことではないようだ。毎日新聞のベテラン校閲記者が回想している。それによると、新米の校閲記者になりたてのころ、「このまま政局になる」「政局とはしない方向」という言い方があることを知って驚いたという。1980年代前半のことだ。

「政局とは『政治・政界のなりゆき・ようす』(角川新国語辞典、1981年)を表す語で、戦局、時局などと同様、これからどうなるかという情勢、形勢のことだと思っていた。『先の読めない政局になりそうだ』というならわかる。しかし、なんら修飾語が付かず『政局にする・なる』とはどういうことか・・・政治家自身の発言の引用に限らず、記者の地の文にもたまに出てきた」(毎日新聞校閲センター記者によるウェブサイト「毎日ことば」より。筆者は軽部能彦氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!