2021年 9月 19日 (日)

東京五輪「スケボー女子」大旋風の裏で 宮本美保コーチが明かす選手の素顔

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪で初めて競技に加わったスケートボード(以下、スケボー)。日本人選手の活躍は目覚ましく、女子では西矢椛選手が「ストリート」で史上最年少の金メダル、中山楓奈選手が銅メダルを獲得した。

   ストリートは、コースに点在する斜面やレッジ(縁石)、ハンドレール(手すり)、ステア(階段)などを使ってスケボーを乗りこなすスタイル。好成績を修めた代表チームを支え、選手たちの素顔を知る宮本美保コーチに五輪の「舞台裏」を聞いた。

  • (左から)西矢椛選手、宮本美保コーチ、中山楓奈選手
    (左から)西矢椛選手、宮本美保コーチ、中山楓奈選手
  • 宮本コーチ(最上段右)が選手だった当時、海外大会(DEW TOUR)に出場した際の一枚
    宮本コーチ(最上段右)が選手だった当時、海外大会(DEW TOUR)に出場した際の一枚
  • (左から)西矢椛選手、宮本美保コーチ、中山楓奈選手
  • 宮本コーチ(最上段右)が選手だった当時、海外大会(DEW TOUR)に出場した際の一枚

今の日本女子選手はハイレベル

   宮本コーチはスケボーデッキブランド「Sunny skateboard」代表として、小柄な日本人の体形に合うサイズのスケボーを展開する活動をしている。自身も高校生の頃からスケボーに慣れ親しみ、22年間もガールズスケーターの一線を走り続け、一時は世界ランキング上位に入っていた実力派だ。

   2021年5月から代表チームにコーチとして加わり、主に選手たちのメンタル面を支えながら、技の指導にもあたった。五輪直前の21年6月に開催された世界選手権にも帯同し、各選手のパフォーマンスを目の当たりにして「この技術力、メンタルの強さがあれば、東京五輪で十分メダルを狙える」と確信したという。

「私が大会に出ていた十数年前とは比べものにならないくらい、今の日本女子スケボー選手はハイレベルだと感じました。当時は、世界を相手に戦えるだけのスキルはなかった」

   宮本コーチが現役当時の大会は「イベント」のようでもあり、「選手が1年の成果を見せ、互いに褒めたたえ合う場」だった。五輪競技として新しく選ばれたことで、スケボー全体のレベルが底上げされ、「さらに新競技になって初の開催地が東京だったことが、特に日本選手に力を与えたのでは」とみる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!