2021年 9月 17日 (金)

日本のパンダ、まるで人間みたいな扱い 誕生日会まで開催、中国人もびっくり

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京・上野動物園で生まれた2頭のパンダが、ハイハイを始めた。2021年6月23日にジャイアントパンダ「シンシン」が出産した双子の赤ちゃんだ。

   誕生後、テレビや新聞、インターネットニュースなどで大きく取り上がられたが、その後も成長がみられるたびに話題になる。日本では、パンダが人間の子どものように大切にされている。

  • アドベンチャーワールドのジャイアントパンダ「結浜」(画像はアドベンチャーワールドの発表資料より)
    アドベンチャーワールドのジャイアントパンダ「結浜」(画像はアドベンチャーワールドの発表資料より)
  • 誕生日会を開催予定
    誕生日会を開催予定
  • アドベンチャーワールドのジャイアントパンダ「結浜」(画像はアドベンチャーワールドの発表資料より)
  • 誕生日会を開催予定

24時間体制で観察を続ける上野動物園

   上野動物園では、母親シンシンと子どもの健康状態について、24時間体制で観察を続けている。東京動物園協会の運営する公式サイト「UENO-PANDA.JP」では、毎週火曜に3頭の近況を報告している。2021年9月14日には、6月に生まれた2頭について「一日の大半は寝てすごしていますが、起きているあいだは動きが活発になってきて、這って移動する範囲も広くなってきました」と伝えた。母親の母乳を飲んでいることや、歯はまだ生えていないことなど、ほかにも事細かに説明があった。

   実際にパンダが一般客にお披露目される際には、動物園には毎回大行列ができる。上野動物園では、過去2011年4月「リーリー」と「シンシン」の2頭の一般公開が始まった。園には朝からパンダの様子を一目見ようと客を作り、30分早く開園したほどだった。

   人間さながら、パンダは「誕生日会」まで開かれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!