2021年 10月 23日 (土)

賞金3.3億円「ブレークスルー賞」 ノーベル賞「前哨戦」で日本人2人選ばれる

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   科学分野で顕著な功績を残した研究者に贈られる「ブレークスルー賞」に日本人2人が選ばれたことが話題になっている。受賞者はノーベル賞を受賞するケースが少なくない。10月上旬には、今年のノーベル賞が決まる。果たして日本人が選ばれるだろうか。

  • 「ブレークスルー賞」は「数学」「基礎物理学」「生命科学」の3部門に分かれている(写真と本文は関係ありません)
    「ブレークスルー賞」は「数学」「基礎物理学」「生命科学」の3部門に分かれている(写真と本文は関係ありません)
  • 「ブレークスルー賞」は「数学」「基礎物理学」「生命科学」の3部門に分かれている(写真と本文は関係ありません)

ケタはずれの高額賞金

   「ブレークスルー賞」は2012年創設。米グーグルの創始者らが出資してつくっただけあって賞金は300万ドル(3億3000万円)。学術賞ではケタ違いの高額だ。「数学」「基礎物理学」「生命科学」の3部門に分かれている。

   21年9月9日に発表された今年の受賞者では、数学部門で京都大で望月拓郎教授(49)、基礎物理学部門で東京大の香取秀俊教授(56)が選ばれた。

   朝日新聞によると、望月さんは、「半世紀は解けない」と言われた難問「柏原予想」を解決して「この分野に完全な基盤を作った」と評価された。

   香取さんは、300億年で1秒しかずれない極めて正確な光格子時計を開発した。従来の原子時計をはるかに超える精度を誇る。

   同賞は過去に何人かの日本人が受賞している。13年の山中伸弥さん、16年の梶田隆章さん、17年の大隅良典さんなど、同賞の受賞前後にノーベル賞も受賞している人が目立つ。

   数学部門のノーベル賞はないが、基礎物理学部門で受賞した香取さんは将来ノーベル賞の可能性がありそうだ。また、生命科学部門で18年に受賞ずみの森和俊・京都大学大学院教授もノーベル賞の有力候補だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!