2021年 10月 21日 (木)

ニンテンドースイッチ「神アプデ」やや不安 Bluetoothイヤホンで音が遅延か

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ゲーム機「Nintendo Swtch」(スイッチ)がBluetoothオーディオに対応した。無線で接続したイヤホンなどで、ゲームの音声を聴けるようになったのだ。

   2021年9月15日リリースのアップデートで対応した。利便性が向上したとツイッターで話題になったが、使用機器によっては「遅延」が起きるとの報告も出ている。

  • 無線のイヤホンで使えるようになったが
    無線のイヤホンで使えるようになったが
  • 無線のイヤホンで使えるようになったが

効果音が遅れて聴こえてくる

   「遅延」の指摘内容は、画面上のゲームの動きに対して、音声がオーディオ機器から一瞬遅れて聞こえてくるというものだ。

   9月16日現在、ツイッター上ではBluetoothオーディオ機能を試したユーザーから、「アクションゲームをやったけどちょっと遅延がある」「気になるくらい遅延している」といった感想が1時間に5件〜10件というペースで投稿されている。

   記者も試した。ソニーが19年に発売したイヤホン「WF-1000XM3」をスイッチにBluetoothで接続し、まずはアクションゲーム「スプラトゥーン2」をプレーした。銃のような武器で「インク」を撃ち合い、素早く動きながら相手と対戦するゲームだ。

   体感だが、音は0.1秒ほど遅延していた印象だ。ゲーム画面上では「インク」を撃ち終わっていても、自分の発射音がまだ鳴っている時があった。プレーに大きな支障はなかったが、対戦相手が近づいてきても他人の音に気付けず、反応が遅れる場面も出てくるかもしれない。

   続いて「あつまれどうぶつの森」で検証。動物と交流するゲームで、動きは「スプラトゥーン2」と比べてゆったりとしている。こちらではゲームの動き自体が速くないからか、明確な遅延は感じられなかった。ただ、流れている音楽にノイズが発生し、聴こえづらくなることがあった。接続性との因果関係は分からない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!