2021年 10月 20日 (水)

三上悠亜「スケスケ漢服」ひと騒動 セクシー女優の着こなしに「漢服警察」出動

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

【連載】浦上早苗の「試験に出ない中国事情」

   人気セクシー女優・三上悠亜が、胸元が大きくはだけた「漢服」姿を披露し、「伝統文化を侮辱している」と非難されている。一方で、「漢服警察うざい」「マジになるなよ」など反論も多く、SNSでちょっとした漢服論争になっている。

  • 漢服を着ている女性(写真・AFP/アフロ)
    漢服を着ている女性(写真・AFP/アフロ)
  • 漢服を着ている女性(写真・AFP/アフロ)

コスプレ衣装のよう

   三上悠亜は9月に入って、中国SNSウェイボ(微博)で「漢服は本当にきれいです。中国文化です」「漢服かわいい」などの文言とともに、何度か漢服姿の写真や動画を投稿している。だが、それはキャバドレス通販サイト「Sugar」で発売するハロウィン向けコスプレ衣装の一着のようで、スケスケの生地で、胸の半分が露出している。

   ファンは大喜びだが、一連の投稿は一部の"民族主義者"を刺激。「日本人は中国文化を知らないから、これが漢服だと思っている」「漢服はこの人に着せるためにあるのではない」など、批判が寄せられた。

   中国ではこの1~2年、中国的な要素を取り入れた「国潮」ブームに乗り、Z世代の間で漢民族の伝統衣装である漢服の人気が高まっている。市場調査会社の艾媒諮詢によると、漢服の市場規模は、2015年の1億9000万元(1元=約17円で約32億3000万円)から2020年は63億6000万元(約1兆81億2000万円)に急拡大。今年は100億元(約1兆7000億円)を突破する見込みだ。

   10年前はマニアの趣味だったのが、今や20代の女性が年間数着買うおしゃれ着になっており、中国の漢服人気が日本のセクシー女優やコスプレ服にも波及したと言っていいだろう。

経済ジャーナリスト、法政大学MBA兼任教員。福岡市出身。近著に「新型コロナ VS 中国14億人」(小学館新書)。「中国」は大きすぎて、何をどう切り取っても「一面しか書いてない」と言われますが、そもそも一人で全俯瞰できる代物ではないのは重々承知の上で、中国と接点のある人たちが「ああ、分かる」と共感できるような「一面」「一片」を集めるよう心がけています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!