2021年 10月 23日 (土)

「小枝チョコ」50倍になった食べごたえ もはや「大枝」貫禄のサイズ感

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   森永製菓は「50倍小枝(ミルク)」を2021年9月21日に数量限定で発売した。「小枝チョコ」発売50周年を記念した製品で、その体積は「いつもの小枝の50倍」とされる。

   あまりの大きさに、ツイッター上では「もはや小枝ではない」「枝では」といった反応が相次いだ。実際の大きさを比較した。

  • 「50倍小枝(ミルク)」と通常の「小枝(ミルク)」
    「50倍小枝(ミルク)」と通常の「小枝(ミルク)」
  • 袋丸ごとが1本の「小枝」になっている
    袋丸ごとが1本の「小枝」になっている
  • 測ったところ、厚さは3倍だ
    測ったところ、厚さは3倍だ
  • 「50倍小枝(ミルク)」と通常の「小枝(ミルク)」
  • 袋丸ごとが1本の「小枝」になっている
  • 測ったところ、厚さは3倍だ

重さ約50倍 長さ約6倍

   「50倍小枝」はコンビニエンスストアや駅売店では販売されていない。取扱店も多くはないのか、スーパーマーケット10店以上を回ってようやく発見した。袋からして明らかに大きく、レジ横の販売スペースで異彩を放っていた。

   開封すると、小枝チョコが巨大化したような見た目。通常の小枝(ミルク)と並べてみると、サイズ感の違いがよくわかる。

   栄養成分表示によると、「50倍小枝」1本の重さは標準で72グラム。他方、通常の小枝は1袋(4本入り)が標準で5.7グラムなので、計算すると1本あたり1.425グラム。「五十倍小枝」の72グラムはこの約50.53倍で、確かに重さ「50倍」だ。

   サイズも測った。記者が計測した限りでは、

・五十倍小枝
長さ 28.7センチメートル
幅2.8 センチメートル
厚さ1.5センチメートル
・通常の小枝
長さ4.5センチメートル
幅0.7センチメートル
厚さ0.5センチメートル

となった。通常の小枝と比べ、長さは約6.38倍、幅4倍、厚さ3倍だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!