2022年 1月 28日 (金)

中国・恒大集団の経営危機で注目 「デフォルト」実は珍しい言葉

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   国際ニュースで「デフォルト」という言葉を聞くことが多くなってきた。中国の巨大不動産会社「恒大集団」がデフォルトに陥るのではないか、というのだ。この場合のデフォルトは、「債務不履行」のこと。しかし、デフォルトには、いくつもの意味がある。使われる局面やジャンルによって、概念が全く異なる珍しい言葉だ。

  • デフォルトと聞いて頭を抱える人、そうでない人
    デフォルトと聞いて頭を抱える人、そうでない人
  • デフォルトと聞いて頭を抱える人、そうでない人

サッカークラブでも知られる

   ブルームバーグは2021年9月20日、不動産開発大手の中国恒大集団について、デフォルト(債務不履行)となる公算が大きくなっているというニュース報じた。

   恒大集団は、不動産開発を中核事業とする中国の複合企業。1996年に会社を設立してから、猛スピードで事業を拡大してきた。

   21日の時事通信によると、不動産では中国内最大手。傘下にプロサッカークラブの広州FC(旧広州恒大)も抱える。多額の借り入れと積極的な開発用地の取得を通じて急成長したが、6月末時点の負債総額は1兆9670億元(約33兆3000億円)に膨らんだ。政府による不動産業界向け融資の引き締めをきっかけに資金繰りが急速に悪化したという。この記事でも、同社の「デフォルト(債務不履行)の懸念が高まっている」と報じられている。

   大きな経済危機、経営危機になると、「デフォルト」という専門用語が頻発する。不安感が増すので、あまり聞きたくない言葉だ。1980年代ごろまでは、日本ではデフォルトと言えば、たいがいこの「債務不履行」のことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!