2021年 12月 7日 (火)

ワクチン2回接種してもブレイクスルー感染 病院や介護施設でクラスター

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスのワクチンを2回接種したにもかかわらず、コロナに感染してしまう「ブレイクスルー感染」が全国各地で起きている。これまでは散発的だったが、このところ病院や介護施設での発生が相次ぎ、「クラスター」と認定されるケースも出ている。ワクチンを接種済みにもかかわらず、なぜ集団感染が起きるのだろうか。

  • 「ブースター接種」が現実味を帯びてきている
    「ブースター接種」が現実味を帯びてきている
  • 「ブースター接種」が現実味を帯びてきている

福井県で32人

   NHKによると、福井県は2021年9月22日、県内で41人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち32人は越前市の介護老人保健施設の入所者や職員だった。全員が2回のワクチン接種を終えていた。福井県は、いわゆる「ブレイクスルー感染」のクラスターが発生したとみているという。

   NHKによると、この施設では21日、職員1人の感染が確認されたことを受けて、入所者や職員など189人を検査した。70代から90代までの男女20人の入所者と、20代から70代までの職員12人の計32人の感染が確認された。

   感染した人は、全員が優先接種の対象となっており、ことし6月ごろまでに2回のワクチン接種を終えていたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!