2021年 10月 23日 (土)

横綱白鵬が引退へ 多かった批判、iPad使い研究熱心、恵まれない子への優しさ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   横綱白鵬が引退する見通しだ。2021年9月27日、NHKなどが報じた。大相撲史上最多の45回の優勝をするなど数々の大記録を打ち立てたが、最近はけがで休場することも多かった。取り組みや土俵上の振る舞いが「横綱らしくない」と批判されることもあった。白鵬とは、どんな人だったのか。

  • 優勝45回の横綱も土俵を去るときが
    優勝45回の横綱も土俵を去るときが
  • 優勝45回の横綱も土俵を去るときが

来日した時は体重62キロ

   父親はモンゴル相撲の英雄。オリンピックのレスリングで銀メダルも取っている。したがって白鵬は、格闘技の才能には恵まれていたと思われる。しかし、来日してからの道のりは簡単ではなかった。体重62キロ。今よりずっと痩せていたからだ。稽古で徹底的にシゴかれ、一日3回、泣いていたという。

   NHKは、そんな白鵬が大横綱になれたのは、「天性の体の柔らかさに厳しい稽古による力強さや卓越した技」を兼ね備えていたからだと分析している。

   元日本経済新聞社会部記者の朝田武藏さんが100時間を超えるインタビューをもとにして書いた『白鵬伝』(文藝春秋)によると、白鵬は研究熱心。「考える横綱」だ。今日の勝負が終わると、すぐに、次の日の取組のことを考えている。

   部屋に戻ると、手元のiPadで過去の取組映像を確認する。その作業に時間を費やす。いい時の立ち合いは全部iPadに入れてある。場所中は毎日、その繰り返しだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!