2021年 10月 24日 (日)

「ブルーバックスコーヒー」マグカップに殺到 クラファン発売1時間で目標金額に

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ブルーバックスコーヒー」。どこかで見たような、冗談のような「ブランド名」。ところがこれが、リアルになった。

   生みの親は、講談社の科学系新書を取り扱う「ブルーバックス」。もともとエイプリルフールのジョークだった「ブルーバックスコーヒー」のマグカップを、クラウドファウンディング(クラファン)で2021年9月29日に発売すると、開始後すぐに目標金額の15万円を突破し、10月1日17時現在、220万円を突破している。

  • 「まずはマグカップだけの企画に」とのこと・ブルーバックス提供
    「まずはマグカップだけの企画に」とのこと・ブルーバックス提供
  • 今後の推移次第では、当初の予定よりも商品の発送まで時間がかかる可能性があるという
    今後の推移次第では、当初の予定よりも商品の発送まで時間がかかる可能性があるという
  • 「まずはマグカップだけの企画に」とのこと・ブルーバックス提供
  • 今後の推移次第では、当初の予定よりも商品の発送まで時間がかかる可能性があるという

「単なる思いつき」からガチに

   発端は、2021年4月1日の講談社ブルーバックス公式ツイッターの投稿だ。

「ブルーバックスコーヒー、始めました」

   エイプリルフールのハッシュタグが付いていた。取材に答えたブルーバックス担当編集者は「単なる思いつき」と明かす。ただ、「やるなら本気でやるか、と熱が入り、ロゴのデザインを作るところから始めてマグカップを制作しました」。

   ツイート公開後には思った以上の反響が寄せられた。「マグカップ欲しい!」「ブルーバックスが読み放題のカフェを作って」というコメントがあったという。実際にマグカップの商品化が始まり、ブルーバックスが運営する、研究者支援のためのクラファンサイト「ブルーバックスアウトリーチ」を使っての販売に至った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!