2021年 10月 23日 (土)

新型コロナ「飲み薬」で重症化防げる でも「ワクチンいらない」わけじゃない

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米国で開発中の新型コロナウイルス飲み薬が、入院や死亡リスクを半減させるなど大きな効果を上げていることがわかった。早ければ年内にも、軽症・中等症患者を対象に使えるようになりそうだという。予防用のワクチンに加えて、コロナ対策の新たな切り札として期待が高まっている。

  • 飲み薬の開発は朗報だが、予防のためのワクチン接種も大切(写真と本文は関係ありません)
    飲み薬の開発は朗報だが、予防のためのワクチン接種も大切(写真と本文は関係ありません)
  • 飲み薬の開発は朗報だが、予防のためのワクチン接種も大切(写真と本文は関係ありません)

日本でも特例承認か

   米製薬大手のメルク社は2021年10月1日、同社が共同開発中の新型コロナウイルスの経口薬「モルヌピラビル」が、臨床試験(治験)で入院と死亡のリスクを50%減少させることが確認されたと発表した。今後、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する見通しだという。

   毎日新聞によると、国内で承認済みの軽症・中等症患者向けの治療薬はいずれも点滴薬で、医療関係者の作業が必要になる。一方、モルヌピラビルは自宅で服用できるため医療機関の負担が軽減されるとの期待もある。

   発熱やせきなどの初期症状がある患者が対象となり、1日2回、5日間服用することで重症化を防ぐ効果があるとされている。

   米国政府はすでに6月、同社と170万人分を12億ドル(約1300億円)で購入する契約を結んでいる。毎日新聞の取材に、日本政府関係者は「米国で緊急使用許可が出れば、日本国内での申請を経て、年末には特例承認されるだろう」との見通しを語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!