2021年 10月 21日 (木)

スイッチ「有機ELモデル」発売前から転売 PS5並み超品薄の懸念、専門家の見方は

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ニンテンドースイッチの「有機ELモデル」の発売日が、2021年10月8日に迫ってきた。その2日前の時点で、フリマアプリ「メルカリ」ではすでに4万8000円~6万円(税込・以下同)で転売での出品が行われている。定価は3万7980円だ。

   ツイッター上では、家電量販店や任天堂公式オンラインショップでの抽選販売に「落ちた」との報告が続出し、人気の高さを感じさせる有機ELモデル。「プレイステーション5」(PS5)のような超品薄に陥る恐れはあるのか。

  • 「ニンテンドースイッチ」の「有機ELモデル」(画像は任天堂公式サイトから)
    「ニンテンドースイッチ」の「有機ELモデル」(画像は任天堂公式サイトから)
  • 「ニンテンドースイッチ」の「有機ELモデル」(画像は任天堂公式サイトから)

既存のスイッチより映像「断然キレイ」

   J-CASTトレンドは、大和証券でゲーム市場を分析しているアナリスト・鈴木崇生氏に取材した。すでに実機に触れ、ゲームもプレーしたという。

   有機ELモデルの本体のディスプレーで表示される映像は、既存のスイッチと比較して「断然キレイ」。従来のスイッチの液晶ディスプレーに比べ、特に白色や黒色において鮮明な描写を得意とすると説明した。

   ゲームハードの魅力は「グラフィックがキモ」と鈴木氏。従来型スイッチは3万2978円。有機ELモデルは3万7980円と、約5000円高いが、ディスプレーの映像の美しさを考えると、その差額の価値はあるハードだと評価した。

   21年10月期~12月期の3か月間で、通常のスイッチは520万台、廉価モデルの「ニンテンドースイッチ ライト」は180万台、有機ELモデルは310万台、計1010万台を売り上げると鈴木氏は予想する。ただ、ディスプレーの映像の美しさから、有機ELモデルは予想の数字を上回る可能性があるとの見通しを示した。

   一方、有機ELモデルが好調に売れたとしても、スイッチの売り上げ全体が予想の1010万台を上回るかは疑問を呈した。鈴木氏によると、ゲームハードの売り上げの伸びは、魅力的なゲームソフトが登場するかにかかっている。現状、こうした新作ソフトは出ていないと指摘した。

   有機ELモデルは、あくまで新たにスイッチを購入する人が、通常版のスイッチを買う代わりに選択するのではないかと推測した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!