2021年 10月 23日 (土)

地震でエレベーター停止に大慌て タワマン住民はエントランスで「帰宅困難者」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   最大震度5強を観測する強い地震が、2021年10月7日夜に首都圏を襲った。水道管の破裂に交通機関の乱れなど、夜遅くから翌朝にかけて多くの人の生活に影響が及んだ。

   この地震により、首都圏ではオフィスビルやマンションでエレベーターが停止する事態が相次いだ。ツイッターには、地上と高層階を自力で移動することへの嘆きが書き込まれた。

  • エレベーター利用中に地震が起きたら
    エレベーター利用中に地震が起きたら
  • エレベーター利用中に地震が起きたら

EXIT兼近「超高層階登頂苦行」

   NHK NEWS WEB(2021年10月8日付)によると、この地震で、首都圏を中心に5万5800台のエレベーターが停止したという。

   これでとくに困ったのは、タワーマンションの住民だ。ツイッターには、エレベーターが利用できなくなりエントランスで立ち往生、建物にいながら「帰宅困難」になった人、数十階目指して階段をひたすら上った人の投稿が複数見つかった。地震発生時に所用で高層階にいて、地上まで階段ひたすら下りたというツイートもあった。

   お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹さんも、7日夜に自身のツイッターに「兼近はタワマン超高層階登頂苦行を行います」と投稿した。エレベーターが停止したため、階段で上ろうとしたようだ。

   中には、エレベーター利用中に地震が発生し、出られなくなった例もある。前述のNHKの記事では、今回の地震でエレベーターに閉じ込められたケースが東京都や神奈川県、千葉県、埼玉県で合わせて28件あったという。いずれも消防などによってすでに救出されたが、それまでは不安だったに違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!