2021年 10月 23日 (土)

コロナワクチン接種したいのに打てない 「健康上の事情」に苦悩する女性の告白

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本では新型コロナウイルスのワクチン接種完了者が、2021年10月7日現在で62.7%に到達した(首相官邸公式サイト)。

   しかし、さまざまな理由、特に健康上の事情から「接種したいのに打てない」人がいる。J-CASTトレンドは、ひとりの女性に取材。自分ではどうにもできないことへの苦悩が聞こえてきた。

  • ワクチンさえ打てば解決するのに…自分ではどうにもできないことへの苦悩(写真と本文は関係ありません)
    ワクチンさえ打てば解決するのに…自分ではどうにもできないことへの苦悩(写真と本文は関係ありません)
  • ワクチンさえ打てば解決するのに…自分ではどうにもできないことへの苦悩(写真と本文は関係ありません)

過去に重度のアナフィラキシーショック

   50代の女性Aさんは、教育系の仕事をしている。家族は5人。Aさん以外はワクチン接種済みだが、家庭内でも全員マスクで過ごしている。

   Aさんは、過去に造影剤で重度のアナフィキラシーショックを起こした。厚生労働省の新型コロナワクチンに関する情報では、過去にアレルギー反応やアナフィキラシーを起こしても、「接種を受けられないわけではありません」。しかし、医師6人に相談したところ、接種の可否を判断するはっきりとした答えは誰からも返ってこなかった。

   これでは、接種してよいかどうか迷う。コロナワクチンに、Aさんがアナフィキラシーを引き起こす原因成分は含まれていない。だが仮に症状がもう一度出たら、悪化する恐れが大きい。

「リスクがほかの人より多く、医師から(接種の)明確なゴーサインも出ない。不安しか残らない状況で、打つ覚悟が持てません。専門の医師から『大丈夫ですよ』と言ってほしい」

   声を震わせながら、こう語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!