2021年 12月 1日 (水)

「密造酒」海外で死亡事故、日本でも禁止 では梅酒も作っちゃダメなのか

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「例外的に製造行為としない」もの

   しかし、日本では、免許をもたず、政府の許可なく自宅で梅酒を作る場合がある。これは「密造」にはならないのか。

   国税庁の公式サイトによると、梅酒は、焼酎などに梅等を漬けて作るため、酒類と他の物品を混和することになる。当然、その混和後のものは酒類であるため、「新たに酒類を製造したものとみなされます」。

   ただし、酒税法には、条件を満たせば違反にはあたらない「特例」がある。消費者が自分で飲む目的で、アルコール分20度以上かつ、酒税が課税済みの「酒類」で、次の物品以外のものを混和する場合には、「例外的に製造行為としないこととしています」。

   「次の物品」に含まれるものは、コメ、麦、あわ、トウモロコシ、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでん粉又は、これらのこうじ。やまぶどうを含むぶどう。アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかすだ。梅酒の原料となる梅の実は、例外品となる。

   家庭内で、自分たちで楽しむために、上記の条件を満たして梅酒を作る分には問題ない。なお、この作った酒類を販売するのは禁止だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!