2021年 10月 28日 (木)

「はつめみたいなスタイルは少ないかも」 ストリーマーには「大人の事情」も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

【連載】はつめ降臨 成長する連載「第一形態」

いしたにまさき:さてさて、これまでの連載で、はつめさんがなぜはつめさんになったのか?という話を、歴史を振り返りつつやってきました。プロゲーマーのところまでは、すでにお話しているので、いよいよまさに今、はつめさんがやっているストリーマーの話を今回はできればと思っております。

はつめ:是非。
  • はつめさんのスタイルは「配信+アーカイブなし+動画投稿」
    はつめさんのスタイルは「配信+アーカイブなし+動画投稿」
  • はつめさんのスタイルは「配信+アーカイブなし+動画投稿」

定義自体が変化している

いしたに:やっと本題です(笑)。ということで、繰り返しになる部分もありますが、そもそもストリーマーとは?というところからはじめたいと思います。
 この「ストリーマー」という呼称が広まったのは、いつ頃ですか?

はつめ:ん~、詳しく細かい時期までは明言できないのですが、大体3年前くらいじゃないですかね。4、5年前にも今でいうストリーマーみたいな人はいたのですが、数は圧倒的に少なかったです。そして、企業はストリーマーじゃなくて「元プロ」とか、「ゲーム実況者」みたいな肩書をよく使っていたイメージです。

いしたに:この10年ぐらいで、プロゲーマーがある程度世間に認知されてきて、その次ということでいいんですね。

はつめ:個人的な意見としては、ストリーマーってプロ選手を引退した人がなるポジションだったので、ある種のセカンドキャリアというか、「ニコニコ動画」とかで配信をしていた人達とはまた別かなと。
 ストリーマーは元々、プレイで魅せたりというのがメインだったのですが、プロゲーマーが認知されてから少しずつ意味合いも変わってきていて、ストリーマーの定義自体もどんどん変化している印象です。

いしたに:実際にやることとしては、ゲーム配信とかですよね。

はつめ:そうですね。ストリーマーの人は主に配信がメインな気がします。動画を上げてる人がいたり、いなかったり。そこもまだバラバラですね。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!