2021年 12月 1日 (水)

■秋華賞 「カス丸の競馬GI大予想」
白毛馬アイドル、ソダシの2冠達成なるか

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。今週はいよいよ牝馬3冠の最後となる秋華賞(2021年10月17日、阪神競馬場、芝2000メートル)だじぇい。いつもは京都競馬場だけど、いま改造中だから今年は阪神で行われるきゃすう。でもコースに少しクセがあって、予想はひと筋縄ではいかないじぇい。注目は桜花賞を勝ったソダシだけど、カスヨさんの本命◎はアールドヴィーヴルきゃすう。玄人好みの馬だけど、本当に勝てるきゃすう?

福永騎手が選んだアンドヴァラナウト

   カスヨ アールドヴィーヴルは春の2冠、桜花賞、オークスともに5着よ。3冠皆勤賞ね。なかなか勝ち切れないんだけど、底力は一級品なのよ。今回は土曜の夜から日曜の朝にかけ雨が降る予報になっているわ。これはこの馬にとって、恵みの雨よ。デビュー戦は不良馬場だったけど、末脚一閃で勝利したわ。道悪は大歓迎。前走はトライアルのローズステークス(GII、中京、2000メートル)で3着。今回はエイシンヒテンやソダシが引っ張る流れになるだろうから、差しも届く展開になるわ。夏を休んでひと叩きされた上積みも見込めるため、一発あるならこの馬というわけよ。

   カス丸 ふーん、でも勝つまで行くかどうかだじぇい。ガジュマル爺の本命は夏の上がり馬、アンドヴァラナウトという舌を噛みそうになるような名前の馬きゃすう。トライアルのローズステークスを勝ったから、人気の一角になりそうだじぇい。

   ガジュマル爺 この馬はただ者じゃないわい。父キングカメハメハはダービー馬、母のグルヴェイグは2012年のマーメイドステークス(GIII、阪神、2000メートル)の勝ち馬で、その父が日本の至宝、ディープインパクト。祖母が1996年のオークス(GI、東京、2400メートル)、97年の天皇賞・秋(GI、東京、2000メートル)を勝った女傑、エアグルーヴという超良血じゃ。名ばかりの超良血は多いんじゃが、この馬はデビュー後6戦3勝2着3回と連対を外しておらん実力派でもあるんじゃ。必ず2着以内に来るという堅実さがすごいところなんじゃ。それにもうひとつ、「牝馬の福永」といわれる福永祐一騎手が、トライアルの紫苑ステークス(GIII、中山、2000メートル)を圧勝したファインルージュに乗らず、こっちを選んだというのが心強いんじゃ。春のクラシックに間に合わなかったが、最後の1冠に賭ける意気込みはこの馬が一番じゃろ。

   カス丸 なんだか強そうだじぇい。その福永騎手が選ばなかったファインルージュだけど、爺の対抗〇になってるきゃすう。

   ガジュマル爺 ファインルージュはオークスで11着に沈んでしもうた。明らかに距離が長かったせいじゃろうが、紫苑Sも長すぎるかなと思っておったんじゃが、見事に勝ちあがってきて、距離不安を一蹴したんじゃ。ずんぐりした体つきからすると、マイルあたりがいいような気がするんじゃが、2000メートルまでなら大丈夫じゃろ。決め手の鋭さは3歳牝馬で上位であることは桜花賞3着のころから証明済みじゃから。それと鞍上がクリストフ・ルメール騎手に乗り替わるんじゃが、今年1月のフェアリーステークス(GIII、中山1600メートル)で乗って勝っておるから、目下リーディングジョッキーの手腕に注目ということじゃな。

   カス丸 カスヨさんは前回スプリンターズステークスで1番人気ダノンスマッシュを本命にして外したせいか、今回は穴狙いらしく対抗〇がサルファーコスモスときてるじぇい。それにしても大穴すぎきゃすう?

   カスヨ そんなことないわよ。この馬はね、能力が高いんだけど不運なのよね。春にはエルフィンステークスを勝ったんだけど、骨折でその後離脱したのよね。復帰戦となった前走3勝クラスでは古馬と戦って2着と能力の高さはみせているわ。今回は4頭から3頭抽選だったけど、その抽選も見事くぐり抜けたし、上位人気が予想される馬とは未対戦だから興味津々よ。臨戦過程や初の2000メートルとなる点で人気が落ちることが予想されるんだけど、中内田厩舎×川田将雅騎手というゴールデンコンビだし、33秒台の末脚が使える点を考えると穴としては期待十二分なのよね。

   カス丸 ふーん、あまり注目してなかったきゃすう。ところで、1番人気が予想されるソダシの名前が出てこないじぇい。爺がやっと単穴▲にしてるけど、カスヨさんは無印。ダノンスマッシュの後遺症のせいきゃすう?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!