2021年 12月 8日 (水)

「フォートナイト」戦わなくても楽しめる 居心地の良い「メタバース」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   【連載】VRはじめの一歩

   「VR(仮想現実)」を基本の「キ」から押さえつつ、「VRを楽しむ達人」を目指す連載。今回のキーワードは「メタバース」だ。アバター(分身)を介し、人々が活動・交流できる仮想空間を指すが、VR以外でも「メタバース体験」はできる。

   例えば、オンラインバトルロイヤルシューティングゲーム「フォートナイト」がその一つ。ガジェットライター・武者良太さんによると、昨今は戦いと無縁の「コミュニケーション空間」としての活用も目立つという。

  • 「フォートナイト」内で、友人・知人たちと会話を楽しんでいる様子
    「フォートナイト」内で、友人・知人たちと会話を楽しんでいる様子
  • 「フォートナイト」内で、友人・知人たちと会話を楽しんでいる様子

雰囲気はまるでテーマパーク

   子どもたちに人気のバトルロイヤルゲーム「フォートナイト」。気がつけばスマートフォンで、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で、パソコンで、戦いの場に赴き一戦一戦に一喜一憂している姿を見ているお父さん、お母さんもいるでしょう。

   しかし中には、友達と電話をするように喋っていることもある。今日起きたこと、明日の約束を話している。お互いに銃を持って撃ち合いながら、そんな和気あいあいな雰囲気になれるのでしょうか。

   実は、フォートナイトには「戦わなくてもいいモード」が備わっているのです。鬼ごっこやかくれんぼ、アスレチックなどのミニゲームで遊んだり、学生に戻った気分で学生のキャラクターを動かす、ゾンビを演じて人間を襲うなど特定の役をロールプレイしたり、自分の持っているコスチュームやアイテムを見せ合うなど、様々な世界観が作れるクリエイティブモードが2018年に実装されました。ぐるりと巡ってみると雰囲気はまるでテーマパークで、友達との会話がはずみます。

   リアルな世界でテーマパークに遊びに行くとなると、自宅で準備をして、電車やバスで会場に向かい、現地で友達と待ち合わせてという流れとなります。フォートナイトの世界だと移動時間がないからお互いの都合のいいタイミングですぐ合流して、ボイスチャットで即お話できる(しかも交通費もかかりません)。コロナ禍で放課後の学校や公園で遊びにくくなった子どもたちにとっては、大人たちにとってのフェイスブックやツイッターと同じく、自分たちが居心地いいと思えるSNS空間なのです。

   武者良太
1989年よりライターとして活動をはじめたフリーライター。2021年で執筆・編集歴32年。ライターとしての現在の主軸はオーディオ、デジカメ等ガジェットレビューで、ブロックチェーン、AIなど先端技術のコラムや取材記事も担当。元KOTAKU Japan編集長。
ツイッター
フェイスブック

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!