2022年 1月 17日 (月)

はつめ「ストリーマーの楽しみ方」伝授 「YouTubeで見つけたら...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

【連載】はつめ降臨 成長する連載「第一形態」

   「ストリーマー」として活動するはつめさん。そのスタイルは「配信+アーカイブなし+動画投稿」ですが、「配信メイン+アーカイブ」や、「どちらかというとYouTuberに近い」という「動画投稿」の人も。

   今回はさらに、ストリーマーについて掘り下げていきます。

  • 「ストリーマーにだいぶ優しい時代になってますね」
    「ストリーマーにだいぶ優しい時代になってますね」
  • 「ストリーマーにだいぶ優しい時代になってますね」

6時間とか配信するじゃないですか

はつめ:最近は配信の切り抜きも流行っていて、配信メインの人のマネタイズが楽になってますしね。

いしたにまさき:配信されたものをあとから全部見るのは、結構めんどくさいですからね。「いいところだけ見せてくれ」っていう気持ちはわかります(笑)。

はつめ:そうそう。それもゲーマーめちゃめちゃストイックなので、6時間とか配信するじゃないですか。「するじゃないですか」って、当たり前に言うけどおかしいか。ゲーマーは配信しちゃうんですよ、長時間。

いしたに:しますよねえ。

はつめ:そうなると、配信追えなかった人たちがアーカイブ追うのも大変なので、動画はそのダイジェストみたいになってますね。「配信は配信、動画は動画!」でコンスタントに作る人もいるのですが、基本的には配信中のいいところを動画化してる人が多い印象です。

いしたに:ああ、そうか!プロゲーマーの話をしたときにプロ野球選手を例にして話をしましたよね。

はつめ:してましたね。

いしたに:みんなが毎日野球やってるわけじゃない。プロは基本毎日やる。それを見る人たちがいる。そう考えると、ストリーマーの配信とダイジェストの関係も、試合の中継とプロ野球ニュースに置き換えられますね(笑)。

はつめ:そうそう!スポーツニュースみたいな感じですかね。

いしたに:いずれにしても興味ない人は一切見ないわけですが、プロ野球的に見る人が増えてきたので、配信(中継)もダイジェスト(ニュース)もニーズが出てきたということですね。なんか私がいちばん納得した(笑)。

はつめ:天才かもしれない。今度から使います、ありがとうございます。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!