2021年 12月 8日 (水)

日本の平均賃金いまや韓国より低い 過去30年間で給料上がらない裏側

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日本人の平均賃金が韓国以下になっている。このところ多数のメディアで報じられている。6年も前からそうなっているというのだ。にわかに信じがたい人が多いかもしれない。衆院選では「格差是正」「分配」「再分配」が大きなテーマになっている。

  • ちっとも昇給しなくて、あぜん(写真はイメージ)
    ちっとも昇給しなくて、あぜん(写真はイメージ)
  • ちっとも昇給しなくて、あぜん(写真はイメージ)

2015年に韓国と逆転

   「ダイヤモンドオンライン」は2021年8月2日、竹田孝洋・編集委員による「日本人は韓国人より給料が38万円も安い!低賃金から抜け出せない残念な理由」という記事を公開している。

   「21世紀に入って日本の賃金はほとんど上昇しなかった。その結果、平均賃金の水準では、G7でイタリアと最下位を争い、2015年には韓国に抜かれ、差が開く一方だ。なぜ賃金が上がらない、安い賃金の国になってしまったのか」――という問題意識から、「貧しくなった日本」の理由に切り込んでいる。

   OECD(経済協力開発機構)の調査によると、日本の平均賃金(年間)は2000年時点、3万8364ドル(約422万円)で加盟35カ国中17位だった。20年には3万8514ドル(約423万円)と金額はわずかに上がったものの、22位にまで順位を下げた。過去20年間の上昇率は0.4%にすぎず、ほとんど「昇給ゼロ」状態。日本の平均賃金は韓国に比べても、3445ドル(約37万9000円)低いという。

   韓国の賃金は過去20年間で43.5%伸びている。15年の時点で韓国に逆転され、その後も差は開く一方だと竹田氏は指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!