2022年 1月 20日 (木)

「ラミー」「バッカス」売れているのはどっち 人気チョコ「トップ争い」50年

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ロッテが毎年冬季限定で販売している洋酒チョコレート「ラミー」と「バッカス」。それぞれ違ったおいしさがある。だがツイッターでは、発売されるたびに「ラミー派」と「バッカス派」による「魅力の語り合い」が繰り広げられる。

   これまで、この論争に決着がつくことはなかった。しかし、2021年10月12日に発売された「ラミー」と「バッカス」のパッケージに、勝敗が記されていたのだ。

  • 「ラミー」
    「ラミー」
  • 「バッカス」
    「バッカス」
  • 「ラミー」
  • 「バッカス」

「1965年~1993年までは」

   「バッカス」は1964年、「ラミー」は翌65年に販売開始した。いずれもロッテのロングセラー商品で、洋酒の香りと味わいが楽しめる大人向けのチョコレートだ。

   今年発売したそれぞれのパッケージに注目してみよう。ラミーには「洋酒チョコレート市場売上第1位」、バッカスには「洋酒チョコレート市場売上第2位」と、堂々と書かれている。

   これはロッテの発表資料によれば、マーケテイング調査会社・インテージの「SRI+」(全国小売店パネル調査)洋酒チョコレート市場において、2017年4月~21年3月までの累計ブランド別販売金額の結果だ。

   ツイッターには、2位とされた「バッカス派」が「それでも断固として」支持する熱い応援が続々と書き込まれている。では、これまでバッカスのほうが売れた年はなかったのか。ロッテコーポレートコミュニケーション部の似内裕一さんに取材すると、

「1965年~1993年までは、バッカスのほうが売れる年が多かったです」

   と回答。ただ、その後変化が生じた。1994年にラミーがリニューアルし、それまで1枚入りだった仕様を2本入りに変更したのだ。これがきっかけで「バッカスよりも売れるようになりました」と明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!