2022年 1月 27日 (木)

「コロナ再拡大」英国やロシアで デルタ株より感染力強い変異株か

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本では新型コロナウイルスの感染が急減したが、ロシアや英国ではこのところ急増、過去最高レベルになっている。いったん下火になったかに見えたコロナ禍がなぜ再発しているのか。日本は両国の状況から何を学び、教訓とすべきなのか。

  • 日本でも「ブースター接種」が始まる予定
    日本でも「ブースター接種」が始まる予定
  • 日本でも「ブースター接種」が始まる予定

ワクチン未接種者は自宅待機

   米CNNによると、ロシアでは1日当たりの症例数や死者数がこのところ何度も過去最悪の水準に達し、2021年10月20日には過去最多となる1028人の死者を記録した。モスクワでは28日から11月7日までロックダウンとなる。

   ロシアのワクチン接種率は約30%。モスクワ市はすでに、60歳超のワクチン未接種者全員と慢性疾患を患っているワクチン未接種者に対して、来年2月下旬まで4か月間の自宅待機を指示している。

   ロイターによると、ロシアでは21日、デルタ株よりも10%ほど感染力が強いとみられる新型コロナウイルス変異株の感染が複数確認されたという発表があった。

   このほか、韓国中央日報によると、「欧州のコロナ模範国」と呼ばれていたラトビアも18日からコロナ封鎖措置を施行。ラトビアは昨年のパンデミック発生以降、一日の感染者数が3000人未満に維持されてきた。しかし今年7月に30人ほどだった感染者数は先月末から1000人を超え、現在も増えているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!