2021年 12月 6日 (月)

メキシコ遠征でプロレス人生変わった 国民的レスラーからの金言

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

【連載】アイスリボン・藤本つかさ 素顔の女子プロレス

   今月も藤本つかさのプロレス時間がやってきました!

   実は9月末から10月中旬まで、メキシコに行っており、絶賛隔離期間中のため、ゆっくり自宅でコラムを執筆しております。

   CMLLという世界的メジャー団体に参戦し、しかも88年の歴史で初めて行われた、国を挙げての女子版グランプリ大会に日本代表として参加しました。おかげでプロレス人生変わりました。

   今回のテーマは「メキシコ遠征」についてお話しします。

  • 日本の国旗を持って、グアダラハラ勝利の記者会見!
    日本の国旗を持って、グアダラハラ勝利の記者会見!
  • 日本の国旗を持って、グアダラハラ勝利の記者会見!

「信じて飛ぶんだ」

   まず、日本とメキシコのプロレスで圧倒的に違うと感じたことを3つお話しします。

その1:ルール

   メキシコは、「ノータッチルール6人タッグ3本勝負」が基本です。今回日本人が3人いたため、自然と日本VSメキシコの試合が組まれました。キャプテンを決め、先に2本取った方が勝ちです。キャプテンに勝ったらすぐに試合が終わるので、キャプテンは高確率で狙われます。ちなみに私は全試合キャプテンだったため、たくさん攻められました。日本と異なるルールのため、しっかり把握していなければなりません。

コール時に日本ではやっていない、コーナー上アピールをしてみました!
コール時に日本ではやっていない、コーナー上アピールをしてみました!

   私も2本目が終わった瞬間に相手を奇襲したところ、格闘技の試合のように綺麗なお姉さん達がリング上でプラカートを掲げて歩き終えるタイミングだったため、警告の笛を鳴らされてしまい、危うく失格になるところでした。

その2:「できるできない」じゃない!「やるかやらないか」

   いくつか合同練習に参加させてもらいました。中でも、メキシコを代表する国民的レスラー、ミスティコ選手に練習指導して頂いたときのこと。「トぺ・スイシーダ」を練習。13年間やったことなかったので、内心怖くて絶対無理と思っていました。ちなみにトペスイシーダとは、ルチャリブレにおける飛び技で、リング上からリング外にいる相手に、頭から突っ込む体当たり攻撃のこと。

「ロープに引っかかっても大丈夫。僕たちが支えるから信じて飛ぶんだ」
ミスティコ選手(右)。紳士でとても優しくて、ファンになりました!
ミスティコ選手(右)。紳士でとても優しくて、ファンになりました!

   世界のミスティコ選手にここまで言われたら、もう飛ぶしかない。私に選択肢はない。やるしかないんだと。勇気を振り絞った結果、成功!怖かったけど、その分達成感があり、これはいつか試合で出そうと心に誓った。なんたって、ミスティコ選手直伝トペスイシーダだもんね。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!