2021年 12月 7日 (火)

自宅で梅干しを作る 4か月に及ぶ壮大なドラマには続きがあるの

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   【J子が行く】J-CASTトレンド記者「J子」とその同僚たちが、体を張って「やってみた、食べてみた、行ってみた」をリポートします。

   「梅干し作りませんか」。「赤穂の天塩」で知られる天塩(本社・東京)から、編集部にこんな誘いがきた。梅干しは、記者が幼少期の頃から祖母が毎年作っていた記憶がある。私はほとんど作業を見ていただけ。いつも「出来上がった梅干しをチビチビ食べる係」だった。

   その頃を懐古しつつ、「やってみたいです!」と名乗りを上げた。20代一人暮らしの女性記者、私Jミーが自宅で梅干し作りに挑戦だ。

  • Jミー、今度は梅干し作りに挑戦
    Jミー、今度は梅干し作りに挑戦
  • Jミー、今度は梅干し作りに挑戦

梅がキラキラ輝く

   2021年6月25日、梅干しを塩漬けにする。

   梅干し作りには、主に「塩漬け」「赤じそ漬け」「土用干し」の作業があり、それぞれ梅や天候の様子をみながら時期を分けて行う。まずは、最初のステップとして塩漬け作業だ。

   天塩の営業本部「天塩スタジオ」の企画部次長・前原淑子さんの案内で、天塩が開催する「梅干づくり教室」に自宅からオンラインで参加した。事前に申し込むと、
・南高梅1キロ
・天塩
・梅干し作りのパンフレット
などが一通りセットになって届く。梅干しは、青みが残っている場合は常温で保存して、塩漬けの日まで黄色く追熟させておこう。塩漬けする際に必要な消毒用の焼酎は、記者が用意した。

梅干し作るぞ~
梅干し作るぞ~

   パソコンの前に材料を用意してスタンバイすると、オンライン教室が始まった。講師を務めるのも、前原さん。

   今回使用する南高梅は、和歌山県を代表する品種。大ぶりで皮が薄く、果肉が柔らかい「極上の梅」だという。

塩漬けの説明をする前原さん
塩漬けの説明をする前原さん

   まずは梅を水に浸して洗う。人生初の作業に、内心どきどき...。

梅がキラキラしてる...
梅がキラキラしてる...
前原さん「どうですか?梅の周りが、宝石のように輝いて見えませんか?」
Jミー「見えます!!!(興奮)」

   鼻を近づけると、すでに梅の良い香りがする!もうおいしそう(気が早い)!

   次に、梅をふき取り、へたのような部分「なり口」を竹串で取っていく。

なり口を取る
なり口を取る

   消毒用に用意した焼酎を梅に吹きかけ、食品保存袋に梅と塩を入れて、よくなじませる。この袋がポイント!

   梅干しづくりといえば、大きなタルに大量の梅と塩を投入して、大がかりなイメージがある。でも、保存袋を使えば、特別な道具はいらず、少量からでも梅を漬けられるのですよ、皆さん。これなら、一人暮らしの私にもぴったり。

梅と塩をなじませる
梅と塩をなじませる
前原さん「梅干しは、保存状態が良ければ何年経っても食べられるんですよ」

   すごいなあ...とにかく今は、完成を目指そう。最後に参加者の皆さんと、塩漬けした梅干しをもって記念撮影し、和気あいあいとした雰囲気で教室は終了した。

教室の参加者たちと記念撮影(画像は編集部で一部加工)
教室の参加者たちと記念撮影(画像は編集部で一部加工)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!