2021年 12月 3日 (金)

国産の新型コロナワクチンに異変 「トップランナー」が交代した

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナウイルスの国産ワクチンに異変が起きている。開発第一号になるのではないかと期待されていた大阪の新興企業「アンジェス」が2021年11月5日、治験で十分な効果を得られなかったと発表したのだ。

  • 国産ワクチンは複数の製薬会社が開発を進めている
    国産ワクチンは複数の製薬会社が開発を進めている
  • 国産ワクチンは複数の製薬会社が開発を進めている

計画が2年遅れる

   読売新聞によると、同社は昨年6月末、初期段階の治験を国内で初めて開始し、同12月には中間段階に進んだ。国産のコロナワクチンの1例目になると期待されたが、治験に参加した計560人分のデータを分析した結果、先行する米ファイザー製やモデルナ製などに比べて効果が低く、最終段階の治験を断念。今後は今年8月から進めている改良ワクチンの治験に注力するという。

   日経新聞は、「当初は21年春の実用化を目指していたが、有効性を示すため追加の臨床試験(治験)が必要になった。国産コロナワクチンの実現へいち早く名のりを上げた同社だが、開発は計画から約2年遅れることになる」と説明している。

   アンジェスは、大阪大学発のバイオベンチャーの新興企業。これまでに日本バイオベンチャー大賞や大阪活力グランプリなどを受賞している。

   同社の新型コロナワクチン開発は、他社よりも治験の段階が進んでおり、「トップランナー」とみなされていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!