2021年 12月 4日 (土)

文科省の推奨仕様パソコン「低スぺック」指摘 「Windows 11」入れて動くのか

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」。全国の小中学生へのコンピューター端末配備が進められている。ただ報道やツイッター上では、文科省の標準仕様案で提示されているパソコンの性能が「低いのではないか」との指摘が時折みられる。

   「ウィキペディア」を閲覧しただけで「CPU」(中央処理装置)の使用率が100%――。ツイッターでは11月、文科省推奨の標準仕様に準拠したパソコン(PC)についてこんな投稿があった。一般的に、CPU使用率100%の状態だとPCの処理能力に余裕がなくなり、動作が鈍くなる。仮に事実なら、PCの性能が不安だが......。

  • 「GIGAスクール構想」により1人1台のパソコンが整備されているが(写真はイメージ)
    「GIGAスクール構想」により1人1台のパソコンが整備されているが(写真はイメージ)
  • 「GIGAスクール構想」により1人1台のパソコンが整備されているが(写真はイメージ)

「Windows 10 Pro相当」を指定

   GIGAスクール構想の取り組みは2019年12月にスタート。児童・生徒が使う学習用端末を「1人1台」配備するため、国公立の小中学校や特別支援学校には、1台あたり4.5万円の補助金が国から支給されてきた。文科省の発表によれば、21年7月末までに全自治体等の96.2%が1人1台分の端末整備を完了した。うち、30.9%が「Windows」PCだ。

   「ITmedia」20年2月4日付記事によれば、日本マイクロソフトが教育機関に向け「GIGAスクールパッケージ」というPCシリーズを発表した時、文科省に準拠した仕様案について「スペックが低すぎるのではないか」という質問が記者団から寄せられた。マイクロソフトは、学校で「Office」ソフトをインストールして通常の使い方をする分は問題ないとの考えを示したという。

   仕様案の中で、「Windows」のPCでは「Windows 10 Pro相当」が指定されている。米マイクロソフトは2021年10月5日に「Windows 11」の提供を開始した。「スペック低すぎ」と言われたPCが、新たな基本ソフトに更新して大丈夫か。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!