2021年 12月 8日 (水)

ユニクロ、北京冬季五輪でスウェーデンの公式ウエア提供 寒暖差大きい天候に対応

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ユニクロは、2022年2月開催の北京冬季五輪で、スウェーデン選手団が大会期間中に着用する公式ウエアを提供する。

   さらに、スウェーデンのトップアスリート21人から構成されるチームブランドアンバサダー「ユニクロ チーム スウェーデン」を新たに結成した。世界の舞台で挑戦を続けるアスリートの姿を通して、ユニクロが追求する「クオリティ」「イノベーション」「サステナビリティ」への取り組みを伝えていく。

  • ユニクロがスウェーデン選手団に公式ウエアを提供
    ユニクロがスウェーデン選手団に公式ウエアを提供
  • 脱ぎ着して体温調節もしやすい
    脱ぎ着して体温調節もしやすい
  • チームブランドアンバサダー「ユニクロ チーム スウェーデン」を結成
    チームブランドアンバサダー「ユニクロ チーム スウェーデン」を結成
  • ユニクロがスウェーデン選手団に公式ウエアを提供
  • 脱ぎ着して体温調節もしやすい
  • チームブランドアンバサダー「ユニクロ チーム スウェーデン」を結成

あらゆる環境下で快適に過ごせる新素材

   ウエアは選手一人ひとりの声を聞き、寒暖差の大きい冬の天候の中でも高いパフォーマンスを発揮できるように作られており、競技場内外でアスリートをサポートする。制作にあたり、ユニクロは「クオリティ(高品質)「イノベーション(革新性)」「サステナビリティ(持続可能性)」の3点を追求した。

   まずはクオリティ。冬の会場のリサーチや、極寒状況でのモニターテストを繰り返した。「アウター」「ミドラー」「ベースレイヤー」と複数のレイヤー(層)に分けてウエアを用意。天候や運動量に応じて重ね着・脱ぎ着できる仕様にし、体温調整がしやすい。

   そしてイノベーション。選手らのフィードバックや、ユニクロが設置する「服の研究所/ラボ」での機能検証を通し、あらゆる環境下で快適に過ごせる新素材を開発したという。例えば「ハイブリッドジャケット」では隙間部分に空気を保持し防寒する「ダウンポケット」とともに、通気性の高い「ダブルラッセルメッシュ素材」を背面に使用し、暖かさを保ちながらも、汗によるムレの軽減を図っている。

   サステナビリティの面では、公式ウエアの約7割に回収したペットボトルを活用したリサイクル素材を使用。またライトダウンジャケットには、回収したリサイクルダウンとフェザーを100%活用した。

   今回の発表資料の中で、ユニクロを展開するファーストリテイリングの会長兼社長・柳井正氏は、「LifeWear(ユニクロの服飾製品)を通じてスウェーデンの選手たちをサポートできることを大変うれしく思います」と話している。また、スウェーデンオリンピック委員会のCEO(最高経営責任者)を務めるピーター・レイネボ氏は「選手やコーチの要望に耳を傾け、会場のあらゆる気候に対応できる素晴らしいコレクションを完成させることができたと感じています」とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!