2021年 12月 8日 (水)

「バルミューダスマホ」iPhoneに挑戦だ 「曲線だけ」で構成されたデザイン

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   高級家電で知られる「バルミューダ」が初めて、スマートフォン(スマホ)を手掛けた。2021年11月16日に自社の名を冠した「BALMUDA Phone」を発表した。8日から公式サイト上で、「スマートフォンの新しい選択肢をお届けします」と予告していた。

   本体を「曲線だけで構成」するなど、独自の要素を取り入れたスマホとなっている。

  • 背面が湾曲している「BALMUDA Phone」
    背面が湾曲している「BALMUDA Phone」
  • カメラに「料理モード」を搭載
    カメラに「料理モード」を搭載
  • 背面が湾曲している「BALMUDA Phone」
  • カメラに「料理モード」を搭載

「iPhone 13 mini」より小さい

   発表では「私たちがBALMUDA Phone をお勧めしたい一番の理由は、そのサイズにあります」とあり、「持ちやすいサイズ」感をアピールポイントとしている。

   サイズは高さ123ミリ(mm)、幅69ミリ、厚さ13.7ミリ。米アップル「iPhone 13 mini」(高さ131.5ミリ、幅64.2ミリ、厚さ7.65ミリ)と比較すると、やや小型だ。大手通信会社の中でこの端末を取り扱うソフトバンクの公式サイトによると、5G(第5世代移動通信システム)対応スマホでは「最小級サイズ」。

   手になじむ形状を目指すため背面は湾曲しており、約4.9インチのディスプレーまで緩やかなカーブを描いたデザインだという。これまで曲線だけで構成されたデザインのスマホは「BALMUDA Phone」のみとのこと。

   背景の「ストライプ」部分をスワイプすれば特定の人物に電話をかけられるホーム画面、料理をおいしそうに写す「料理モード」を備えたカメラや、現在のレートに合わせて米ドルから円にすぐ換算できる計算機、各メモの場所を自由に貼り変え、視覚的にメモの位置を覚えられるメモアプリと、独自の基本アプリを搭載している。

   OS(基本ソフト)はAndroid 11で、カラーはホワイトとブラックの2種類。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!