2021年 12月 6日 (月)

「M-1」優勝が全てじゃない 決勝進出ゼロ回でもレギュラー番組多数のコンビ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   漫才日本一を決める「M-1グランプリ」。2021年11月18日に準々決勝の通過者が発表されたが、敗退者の中には「EXIT」や「ミキ」など、テレビで売れっ子の芸人もいた。

   準決勝敗退者による敗者復活戦と決勝戦は、毎年ABCテレビ・テレビ朝日系列で放映される。決勝進出、さらに優勝すればテレビ出演が激増するコンビも。ただ、決勝を逃し続けているのに複数のレギュラー番組を抱える芸人がいるのも事実だ。

  • M-1で優勝し、超売れっ子の「サンドウィッチマン」 一方、決勝未進出でもお茶の間で大人気の芸人は
    M-1で優勝し、超売れっ子の「サンドウィッチマン」 一方、決勝未進出でもお茶の間で大人気の芸人は
  • M-1で優勝し、超売れっ子の「サンドウィッチマン」 一方、決勝未進出でもお茶の間で大人気の芸人は

2021年のタレント番組出演本数上位に

   お笑いコンビ「チョコレートプラネット」は、コント日本一を決める「キングオブコント」決勝進出の経験がある一方、M-1決勝には縁がない。2006年大会は1回戦で、08年は2回戦で敗退。最近では18年にも出場したが、準々決勝で敗れた。

   一方、21年11月18日現在は「ヒルナンデス!」(火曜日・日本テレビ系)、「新しいカギ」(フジテレビ系)など、コンビ出演では少なくとも地上波に6本のレギュラー番組を抱える。さらに、ニホンモニターが21年7月1日に発表した「2021上半期タレント番組出演本数ランキング」(1月1日~6月20日の出演回数)によると、「チョコレートプラネット」の松尾駿さんは6位(233本)、長田庄平さんは8位(230本)にランクインしている。

   そして今回のM-1で敗退した「EXIT」。2017年結成で、今回を含めて5回出場しているものの、準決勝以降に駒を進めたことはない。

   それでも、現在では押しも押されもせぬお茶の間の人気者だ。「霜降りミキXIT」(TBS系)や「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)など、調べた限り、コンビで5本のレギュラー番組に出演している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!