2021年 12月 6日 (月)

「水害のリアル」今しか見られない 熊本の旅行社が豪雨被災地訪れるツアー

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   鉄橋がボロボロになって川の上に落下した、無残な姿。旅のチラシには似つかわしくない写真が、大きくレイアウトされている。「坂本ツアーズ」と名付けられたツアーの行先は、熊本県八代市坂本町だ。2020年7月の豪雨で地域を流れる球磨川が氾濫し、大きな被害を出した。

   ツアーを地元住民らと始めた熊本市の「旅のよろこび」代表取締役・宮川和夫さんは、こう望む。水害から1年、復旧には程遠い現地を多くの人が訪れて、現状を知ってもらいたい――。

  • 跡形もないJR肥薩線・瀬戸石駅(写真提供:宮川和夫さん)
    跡形もないJR肥薩線・瀬戸石駅(写真提供:宮川和夫さん)
  • 球磨川のゴミを回収(写真提供:宮川和夫さん)
    球磨川のゴミを回収(写真提供:宮川和夫さん)
  • 人吉市・青井阿蘇神社(写真提供:宮川和夫さん)
    人吉市・青井阿蘇神社(写真提供:宮川和夫さん)
  • 自宅が被災した人の話に耳を傾ける(写真提供:宮川和夫さん)
    自宅が被災した人の話に耳を傾ける(写真提供:宮川和夫さん)
  • 跡形もないJR肥薩線・瀬戸石駅(写真提供:宮川和夫さん)
  • 球磨川のゴミを回収(写真提供:宮川和夫さん)
  • 人吉市・青井阿蘇神社(写真提供:宮川和夫さん)
  • 自宅が被災した人の話に耳を傾ける(写真提供:宮川和夫さん)

坂本町の状況を知ってほしい

   宮川さんの友人に、坂本町在住の友人夫婦がいる。「何かサポートできないか」を考えていたおり、友人も「地域の状況をぜひ知ってほしい」と願っていたことからツアーを計画した。

   初回は2021年5月16日に実施。新型コロナウイルスの感染拡大がやまず、参加者は熊本県内に限定せざるを得なかった。それでも、日帰り旅に10人ほどが申し込んだ。マイクロバスで、狭く崩れそうな道を進み坂本町へ。現地では、被災した地元の人たちの声に耳を傾けた。球磨川のリバーガイドを務める男性は、自宅1階が大きく損壊した。ツアー参加者に、こんな話をしたという。

「家の後片付けの最中、ボランティアの人に『これ、どうしますか』と聞かれる。全部が思い出の品なので、(処分するのは)とてもつらい」
道の駅坂本(写真提供:宮川和夫さん)
道の駅坂本(写真提供:宮川和夫さん)

   宮川さんの友人夫妻も、被災経験を参加者に話した。豪雨と川の氾濫で浸水した地域をめぐる。根こそぎ流されたJR肥薩線・瀬戸石駅は、当時のまま。球磨川第一橋梁はほぼ流出し、残った橋が寂しかった。

「坂本町は山あいの、過疎の町。高台の家は浸水を免れたので住民は残っていますが、町の中心部が流されてしまった。これでは生活が成り立ちません」

   宮川さんは、こう指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!