2021年 12月 4日 (土)

「バルミューダスマホ」10万円の価値どこに 性能同じで半額の端末あるが

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「曲線だけ」で構成されたスマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」が、2021年11月26日に発売だ。高級家電で知られるバルミューダが開発した端末だが、インターネットニュースサイトの記事のコメント欄やツイッターでは、独特のデザインや10万円超の価格に疑問を投げかけるユーザーがみられる。

   11月19日付「ケータイWatch」記事によると、「BALMUDA Phone」(SIMフリー版)の「ホワイト」色は、初回出荷分の予約が埋まった。「賛否」が分かれているような状態だが、専門家の見方は。

  • 「BALMUDA Phone」 2021年11月26日に発売
    「BALMUDA Phone」 2021年11月26日に発売
  • 「BALMUDA Phone」 2021年11月26日に発売

専門家は「フィット感」評価

   ITジャーナリストの三上洋氏に取材した。「BALMUDA Phone」は「手に持った時のフィット感がすごくいい」と話す。樹脂製で丸みを帯びた背面が手になじむとのこと。また、ホーム画面ではあまり多くのアプリが並ばず、必要なものだけをすぐに起動できるコンセプトで、フィット感やこのシンプルさを「面白い」と評価した。

   背面が湾曲し、「持ちやすい」サイズ感をアピールした機種だ。高さ123ミリ(mm)、幅69ミリ、厚さ13.7ミリ。通信会社としてこの端末を販売するソフトバンク公式サイトによると、5G(第5世代移動通信システム)対応スマホでは「最小級サイズ」という。

   三上氏によると、この端末の発表以来、複数のIT系ニュースサイトのアクセスランキングの上位で「BALMUDA Phone」を扱う記事が連日で登場している。中には端末の値段や性能に否定的な記事もあるが、ネガティブな報道も含めて認知が広がり、興味を持つ人が増えたのではないかと分析した。

   「話題のスマホにとりあえず触りたい」人は一定数いるとのこと。ほかにも、女性や手が小さめの人など、小サイズのスマホを求めていたユーザー、他者とは違うスマホを持ちたい人、そして様々な端末をコレクションとして集めている「スマホマニア」が購入しているのではないかと推測する。上述の「ケータイWatch」同記事によると、ソフトバンク広報は「予約は順調に推移している」と語ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!