2022年 1月 28日 (金)

未来のアスリートをサポート 東京都が「パラスポーツ」競技体験会開催

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京都と東京都障害者スポーツ協会による、東京都パラスポーツ次世代選手発掘プログラム「競技体験会」が2021年11月23日、BumB東京スポーツ文化館(東京都江東区)で行われた。

   自身の身体能力を知る「測定会」(6日開催)に続くイベントで、肢体不自由47人、視覚障害16人、知的障害62人の計125人が参加した。

  • IDバスケットボールの体験風景
    IDバスケットボールの体験風景
  • 知的障害者陸上の体験風景
    知的障害者陸上の体験風景
  • 知的障害者サッカーの体験風景
    知的障害者サッカーの体験風景
  • 射撃の体験風景
    射撃の体験風景
  • 車いすフェンシングの体験風景
    車いすフェンシングの体験風景
  • バドミントンの体験風景
    バドミントンの体験風景
  • 視覚障害者ボウリングの体験風景
    視覚障害者ボウリングの体験風景
  • 競技相談には多くの参加者が訪れた
    競技相談には多くの参加者が訪れた
  • IDバスケットボールの体験風景
  • 知的障害者陸上の体験風景
  • 知的障害者サッカーの体験風景
  • 射撃の体験風景
  • 車いすフェンシングの体験風景
  • バドミントンの体験風景
  • 視覚障害者ボウリングの体験風景
  • 競技相談には多くの参加者が訪れた

用具を使いながら体験

   発掘プログラムは「本格的に競技スポーツに挑戦したい」「健常者の試合や大会に出場しているが、パラスポーツの分野でも活動したい」「現在取り組んでいる競技があるが、他にもっと自分に適した競技がないか、可能性を試したい」といった人々をサポートするもの。

   現状でのスポーツ経験は問わないが、継続して競技スポーツに取り組み、国際大会を目指す意思のある、東京都在住・在学・在勤の10歳以上45歳以下で、肢体不自由、視覚障害、知的障害のいずれかにあてはまる人が対象となる。

   体験会場で参加者は、事前選択した2競技を試した。会場のスペースもあり、すべての競技が実戦さながらとはいかなかったが、バドミントンや車いすフェンシング、射撃、卓球、ボッチャなど、実際に用具を使いながら体験。屋外では、CP(脳性まひ)サッカーや知的障害者サッカー、知的障害者陸上が行われ、指導者によるアドバイスもあった。体験終了後の競技相談コーナーでは、競技団体のスタッフや専門家、スポーツコーディネーターらが、参加者それぞれにアドバイス。ブースによっては、列をなす場面も見られた。

   発掘プログラムは今後、競技活動を後押しする「フォロープログラム」「トライアルプログラム」を実施する予定。自己分析や目標設定、競技団体の練習会への体験参加などを通じて、未来のアスリートを支えていく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!