2022年 5月 19日 (木)

オミクロン株対策「全ての国から入国禁止」 デルタ株拡大の二の舞防げるか

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

デルタ株は対策に遅れ

   日本でも猛威を振るったデルタ株については、早くから流入の危険性が指摘されていたが、政府の対応はやや遅れた。

   当初はインドからの入国者・帰国者については、「自宅などで入国後14日間の待機」。5月1日から「検疫所長の指定する場所で待機」、「入国後3日目に改めて検査」となった。

   4月29日の発表では、すでにインドはじめ、ネパールやパキスタンなどからの帰国者で、空港検疫で新型コロナウイルスの患者1人、無症状病原体保有者13人が報告されていた。その後、少したってからデルタ株は爆発的に広がった。

   今回のオミクロン株は、感染力が強く、ワクチンも効かない可能性があるとされている。現在のところ、実態がよくわかっていない。水際作戦を担当する空港関係者にとっては、ストレスの多い作業になりそうだ。航空会社やホテル業界なども対応に追われることになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!